お役立ち情報|企業グランプリポータルサイト

企業グランプリポータルサイト
お役立ち情報

自身は、思春期の途中まで、携帯電話を子どもが持つのが珍しいという時代でした。
だから、友人に連絡を取るためには、今のように携帯電話でピッとかけるのではなく、友人の自宅の固定電話に電話をかけて、名を名乗り、友人につないでもらって友人と話す、そういう連絡の取り方だった。他人の家に電話をかけていい時間、他人の人と電話で話す話し方や言葉遣い、他人の家に迷惑のかからない電話の長さ、そういったものをわきまえなければならなかったし、親に注意されたり、他人の親や家族と話す緊張感でドキドキしながら電話をかけたりしたものだ。
携帯電話を持つようになって、外ではどこでも電話がかけられるようになった。

お役立ち情報

わざわざ公衆電話を探さなくてよくなった。いつでも携帯電話で話せるようになって、布団の中にいながら友人や恋人と寝る前の会話を楽しめるようにもなった。親しい人との携帯電話の使い方はフランクであるが、そのほかの人に対してはやはり固定電話時代にあった緊張感やマナーはそのままである。
初めての友達との電話も携帯電話同士からという時代の子どもたちは大変だ。固定電話にあった規制を経験していないせいで、携帯電話に依存してマナーもコミュニケーションもなくなっている。自分の子どもに携帯電話を与えるなら、与えるだけではいけない。そう思う。